映画の話

池袋でオタクに囲まれながら楽園追放観てきました。

個人的に予告編が始まってから入場するのが嫌いなんで早めに入るんですけど、この予告編がつらかった。

最初の予告はジョーカーゲームで、亀梨和也が醸し出す濃厚な亀梨臭にうっ…となりながらも雰囲気は悪くない…と思って油断していたら予告の盛り上げ所で主題歌のKAT-TUNがババーンと流れてきて、一瞬で第二次大戦初期の国際都市の雰囲気ががっつり粉砕されて白目むいた。

次の予告は海月姫で、これは原作もTVアニメもわりと好きなんだけど、予告初っ端からスクリーンに「日本が世界に誇る文化 オ タ ク」って映し出された時点で意識を失ってしまったので能年玲奈さんの演技の一端とかよく覚えていない。オタクが日本の文化ってなんやねん。オタクという性質自体にスポット当ててるつもりなら外国にもギークとかナードとかあるやろ。知らんけど。

意識を取り戻した頃には主題歌のSEKAI NO OWARIが流れてて「んぁ~よりによってオタクに縁遠そうなバンドォゥゥゥ~!」って叫んでまた気絶した。

本編鑑賞後に近キョリ恋愛の主題歌もサカナクションだったことを思い出してしまい劇場を出てからもう一回気絶した。アナ雪現象とか言ってる場合じゃねえ。邦画全般の主題歌ミスマッチ問題を何とかしろ。

 

既にかなり消耗した状態で本編に突入したけど開幕即胸!尻!士郎正宗的全裸サイバー空間!と畳み掛けられたおかげでだいぶ体調も回復し目に光が戻ってきた。ああいうサイバースペースアバターが全裸になる表現の元祖が士郎正宗なのかどうかは知らないけど書いておけばきっと詳しいお節介SFおじさんが教えてくれるはずだ。頼んだぞ、お節介SFおじさん。

まあこれ以上書くといろいろネタバレかもしれないがストーリーはまあ平凡と言えば平凡だし面白いと言えば面白いので期待値を気持ち下げ気味で観た方が楽しめると思う。「今の3DCGはこういうアニメを作れますよ!」っていうアレも少なからずあると思うんで荒廃した世界でメカや尻がぶりんぶりん動いてドカドカ戦うぞ~ってのが好きならまあいけるでしょう。僕はわりと楽しみました。尻ことアンジェラ・バルザックちゃん最高。

あ、士郎正宗といえば1月にアップルシードα公開じゃん。まーあれもストーリーの期待値をもりもり下げてから観に行けば楽しめる類のものだろうと踏んでます。うわぁ絶対観に行こ

 

まあそんな感じで満足度はわりと高かった。鑑賞後周りの客が「説明のとこで眠くなっちゃった」とか「寝てたからラストの状況がよく分からなかった」とか言い合ってるのを聞いて見た目はオタクなのにこいつらオタクじゃねえっ…!って思いました。

っていうかオタクとか関係なく映画観に来て寝るってよく分かんねえ感覚だな。現代人疲れすぎでしょ。9時間寝てから来い。

 

思えば今年、特に下半期は結構映画を観た気がする。でも一番観たかったグランド・ブダペスト・ホテルまだ観てねえし話題のボーイフッドも観てねえ。いやそもそもパシフィック・リムすら観てねえしオタク名乗れねえ。

今年はあとベイマックスは観ようと思います。あと気が向いたらゴーン・ガールも。そんな感じですね。

 

今年劇場で観た映画・OVA

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! ←最高

アナと雪の女王 ←なんかすごかった

攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears ←あのさぁ…

オール・ユー・ニード・イズ・キル ←日本版タイトルの長さをどうにかしろ

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! ←最高&最高

攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone ←あのさぁ…(二度目)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ←ダンスバトルだ!

フューリー ←あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛(パーン)(ドシャッ)

インターステラー ←ブラックホール最高や!ワームホールなんて要らんかったんや!

楽園追放 ←尻・メカ・宇宙・サイバーの三拍子揃った最高のSFエンタメ

 

 

以上