読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽音サークルに入っても別にモテなかったよって言われて思わずガッツポーズした

ようやく暖かくなってきたと思ったらなんか暑い。でも今日大学で薄手のダウン着てる女子見かけた。人類はすごい。

復学を決意してから早二ヶ月が経つ。一年以上も何か特別なことをするでもなく時折短期バイトをこなすだけの日々を過ごした僕にとっては、毎朝起きて大学に向かい講義に出席するだけでも十分に社会的な活動に邁進しているかのような錯覚に陥る。うわぁ。



先日とある再履修のクラスで、学内に数ある軽音サークルの一つに所属する男子学生と知り合った(もちろん後輩)。

一応音楽好きを標榜していながらも大学に入ってから全くその手のサークルに関わりがなかったので興味深く彼のサークル話を聞いてたのだけど、いろいろと衝撃的だった。

一番驚いたのが、思ってた以上にJPOPのコピーが多いこと。彼が属するのがもともとオールジャンルなバンドサークルだからなのだろうけど、ゆず、コブクロ、aiko、大塚愛(懐かしい響き)などなど、「わざわざバンドでやるのか・・・?」といった感じの面子が彼の口から次々と出てきて拍子抜けしてしまった。軽音サークルで多くコピーされるJPOP寄りのバンドといえばいきものがかりとかJUDY AND MARYとか、その辺を想像していた。UVERworldとか(ちなみにこれを書いている時UVERworldの名が何故か全く思い出せなくて「男性 バンド 歌詞がおもしろい」で検索した)。
もちろんバンドアレンジなんて誰のどんな曲でもできるわけだけど、JPOPストレートど真ん中!な曲を聴いてきた人たちがギターやらベースやらドラムやらを手にとってバンドを始めよう!という風になるのが今一つピンとこなくてただただ「ほえ〜」の連発だった。

まあ彼は根っからのJPOPラバーなので、サークル内では他にも色々なバンドがコピーされているのだろうけど、彼の知らないバンドの名前が彼の中で忘れ去られている可能性は高い。っていうか僕との会話でJPOPど真ん中な面子ばかり出てきたのは要するにそういうことなんだろうとは思う。

最近だとボカロ曲のコピーも多いのかと思って聞いてみたものの、彼のサークルではそうでもないらしい。これはかなり意外だった。とは言っても彼とそんなに年が離れているわけではないし、単にボカロ曲が大きな影響力を持つのはもう少し下の世代だということなのかもしれない。

僕の勝手なイメージ、というか、中学高校くらいの頃は初期BUMP OF CHICKENとかELLEGARDENとか藍坊主とか、そういうもっとバンドサウンドが全面に出たバンドがよくコピーされてたような気がするのだけど、ひょっとしたら昔から軽音サークルのコピバン事情ってこんな感じだったのかしら。最近で言うONE OK ROCKみたいなのが多いイメージ持ってた。
うわ、このイメージって当時いわゆる下北系?ロキノン系?ばかり聴いてた僕の視野の狭さが表れてそうで超恥ずかしい。でもそういうバンドたちがいわばギターヒーロー的な存在(超絶技巧という意味ではなく)として当時のキッズのバンドへの憧れを形成してた気がする。余談だが僕にはバンドを組む友達がいなかった。


当の彼は今度そのONE OK ROCKをコピーすることになってしまい落胆していた。曰く、もっとほんわかした曲がやりたいのだとか。

そのうちフジファブリックのCDでも貸してやろう。