サカナクションの曲で打線組んだwwwwww

1(二)ライトダンス
2(三)ネイティブダンサー
3(右)ホーリーダンス
4(左)ルーキー
5(中)シーラカンスと僕
6(遊)もどかしい日々
7(一)ティーンエイジ
8(捕)白波トップウォーター
9(投)Ame(B)


長打はないが小技を絡めて攻める


6thアルバム「sakanaction」がオリコンウィークリー初登場1位とかもうなんなんすかねほんと
まあ強力な競合相手がいなかったとはいえ1stから聴いてる身としてはもう言葉にならない感慨深さ。っていうかもう6枚もアルバム出してんのかよはえーよ

sakanaction、なんだかんだで僕はだいぶ好きです。
ただ楽曲全体としては結構アングラ寄りな要素が濃いし、歌詞も相変わらず一聴しただけではよく分からないような内省的・抽象的なものが多いので、
これがウィークリーで1位を獲得した原動力はやはり「僕と花」「夜の踊り子」「ミュージック」のシングル3曲とそれらに付随するタイアップ・テレビ出演等の力に依るところが大きいんでしょう。
"INORI→ミュージック→夜の踊り子"の流れは思いのほか良かったと思うけどアルバム全体としてはやっぱり「夜の踊り子」が異色すぎて浮いてる印象があるし、「映画」と「mellow」に挟まれた「僕と花」もやっぱり居心地が悪そう。
まあそうは言っても山口一郎がインタビュー等で何度も述べているように「バンドの表と裏を見せる」というコンセプトがあるそうなのである程度そういう音楽性のばらつきが出てくるのも仕方ないのかなと思います(よくよく考えたらアルバムジャケット自体がそもそも表裏の隠喩でした…)。曲順選定に関しては山口本人は関与していないらしく他メンバーの苦慮をM11「僕と花」に垣間見ました。

それはそうと相変わらず「INORI」や「Aoi」に見られる彼らのコーラスワークは否応なしにテンション上がりますね

いろいろ言いましたが今作に収録されているシングルはどれも好きです。少なくとも「アルクアラウンド」や「アイデンティティ」が出た頃の「このバンドはこれからどうなってしまうのだろう…」的な不安感は全くなかったです(まあアルクアラウンドにしてもアイデンティティにしても、リードトラックで「あれ?」ってなる一方でカップリング曲は佳曲が多かったので言う程不安じゃなかったかもしれない)。ミュージックの大サビ入る瞬間とかええやん?

アルバム総体としては統一感が若干欠けていた気がするけれども、
後半の"mellow→ストラクチャー→朝の歌"の流れに比べれば些細なことでした。至高ですねこれ。明け方に聴いたらきっと気持ちいい…
初回盤ボーナストラックの草刈リミックスは悪くないけど「朝の歌」できっちり締めてるので蛇足感があったかな。何度も言ってるようにもともとのアルバム自体ばらつきがあるのにここで更にぶっ込まなくてもよかったのではないかと思います

以前山口一郎がUstreamか何かで話してたことでもあるんだけど、日本でダンスミュージックというとユーロビート的な、音楽自体がアガることでリスナーをアゲていく音楽のイメージが強いと思う。だけど一方でそうじゃない音楽(ダブやらエレクトロニカやら)もたくさんあって、そういう要素を(JPOPアルバムとしては)かなり濃い目に詰め込んだアルバムがチャートで1位を獲るという痛快さみたいなものをリアルタイムで味わっている、という感じですね。とても楽しいです。


sakanaction (初回生産限定盤CD+Blu-ray)

sakanaction (初回生産限定盤CD+Blu-ray)

sakanaction (初回生産限定盤CD+DVD)

sakanaction (初回生産限定盤CD+DVD)




P.S.
Blu-ray版を買ったのにまだ再生環境整ってません!!!のでまだ見てません!!!!