似非コミュニケーションから脱却できないという話

高校の同級生に会った。

八月にしてはかなり涼しい夜で、這々の体で期末試験を終えたばかりの僕はなんとなく外に出てみたものの特に目的もなく、結局通りの端に佇んでスマートフォンをいじっていたところを通りがかった彼に話しかけられた。
同じ年度に同じ大学に進んだ同期でもある彼は既に学部を卒業し、大学院に通っていた。会うのは2年ぶりくらいになるだろうか。早速盛大にどもってしまった。

「誰か待ってるとこ?」今から帰るところだ、と答えた。
「今…5年生?」そうだけど、休学してたので実質4年目なんだ、と苦笑しながら冗談めかして答えた。
そうなんだ、と彼は少し真面目な顔になった。

会話はそこでほぼ終わってしまった。僕は久々に会った旧知に何を話せばいいのか皆目分からず、彼も彼で僕にどういう話を振ればよいのか倦ねているようだった。

中高時代の知り合いとうまく話ができなくなった。厳密にはできないということに後になって気づいた。
相手が話を振ってきてもうまく乗れないし、自分が話を振っても相手が乗り切れない。普段サークルでなまじうまくやっているせいか、こういう時はいつも自分のコミュニケーション不全を痛感する。
とはいえほんの数年前まで、僕自身は高校や中学の同期と(多少の例外はあるにせよ)それなりにうまくやっていたと思っていたのだ。
あれはクラスというコミュニティにいたからこそ成立していた似非コミュニケーションであって、高校を出て大学という人の海に裸で放り出されると、もともとが同じコミュニティの構成員であっても残酷なまでにコミュニケーション能力の差異が表出する。その結果が彼と僕の差異なのだろうなあと今になって思う。根本的に気づくのが遅い。
高校の頃、休日はおろか放課後に誰か同級生と遊ぶことなんて殆どなかったし、誘われることもなかったし、誘うこともなかった。僕は教室という狭い範囲でへらへら笑っていただけで、そもそも仲なんてたいして良くなかったのだ。


「じゃあ俺、急いでるから。」
当たり障りのない会話をいくつか交わした後で彼は爽やかに笑って言った。僕はそれが話題に窮した会話を切り上げる手段の一つだと知っているし(不本意ながら僕もたまに使う手だ)、聡明な彼もそれは分かっていることだろう。

僕はおぼつかない口調で「あ、うん、じゃあ、また」と返して、彼の進行方向と逆に歩きだした。本当は彼と同じ方向へ向かう途中だったのだけど。


大学に進学してから内外で関わる人の数が飛躍的に増えたけど、今でもうまくやれてる(少なくとも僕はそう思っている)のは所属してるサークルの友人くらいのものだ。
ただ僕だっていつかは大学を卒業するわけで、その時、つまりその「うまくやれてる」コミュニティから出た時、僕はサークルの友人たちともそれまで通りうまくコミュニケーションをとっていけるのだろうか。っていうかこんなんでちゃんと就職できるのか。バイトとはわけが違うんだぞ。「ちゃんと大学を卒業できるのかどうか」に次ぐ不安要素だ。

帰り際、そんな感じのことを考えながらすた丼にチーズをトッピングしてかき込んだらお腹痛くなった。重いことを考えながら重いものを食べすぎた。
(すた丼店員的な体育会系メンタリティをどこかで身につけていたら今頃どうなっていただろう、というようなことは思わないでもない)

マクドナルドの美味くもまずくもないコーヒーとdeath cab for cutieだけが僕に優しい……。

SAKANAQUARIUM2013・雑感

サカナクションのツアー、幕張メッセ2days公演の初日に行ってきた。ライブ自体がもう大変久しぶりなことで、せっかくだから物販に入り浸って軽く経済回しちゃるか〜と思ったけど例によって金欠だったので何も買わずに(買えずに)普通にライブ鑑賞して帰った。今にして思えばピンバッジはちょっと欲しかったかも…。
こういうライブ後のあれこれってセットリストバレを気にする人結構いるよね。まあ僕もそこは配慮して事細かに書いたりはしないけど、どうもセットリストがネタバレになるということを今一つよく分かっていないまま「配慮」してる感がある。

小説や映画、アニメ、漫画などでしばしばネタバレが忌避されるのは分かる。それはこれから作品を鑑賞する人が予想しえない展開に触れる驚きを奪い去りかねないからだ。
僕自身はネタバレされてもさして気にならず作品を楽しめるけど、そういう意外性も作品鑑賞の一つの醍醐味だろう。

この文脈に沿って「曲順が事前に分かっていない方がライブを楽しめる」というのは分かるんだけども、なにも全公演全く同じ曲順でライブやるわけはないし、自分が行かなかったライブのセットリストくらい目に入っても別に構わないのでは…?

と、いうのがずっと僕の疑問。まあ何しろ普段そんなにライブ行ったりしないのでいくらかは誤解があるかもしれない。


話が逸れた。


ライブ自体はとてもよかった。サカナクションのワンマンは初めてだったので他ツアーと比較できないけど。
音響に関してはド素人ながら、以前から話題になってるdolbyの6.1サラウンドは思ってた以上に臨場感があって快適に感じた(比較的中央寄りにいたのがよかったのかもしれない)。スピーカー228本にサブウーファー68本?というのがどの程度音響面・演出面での効果をもたらすかということよりも、ここまで力を入れてくれるというのは単純に一観客として嬉しいし、また行ってみようという気にすらなってくる。
とは言いつつぶっちゃけあっという間に膝ガックガクなったんでしばらくライブはいいです…。おじさんもう疲れました…。

あと上で散々ネタバレがどうこう垂れておきながらこういうこと言うのもアレですけど、セットリストは会場出る頃には完全に忘れてました。ってか覚えてられる人逆にすごくね?俺いつも無理なんだけど。マジで。

辛うじて覚えてるのはネイティブダンサーのアレンジが超かっちょよかったのと、三日月サンセットとかホーリーダンスとか聴けてよかったってのと…ネプトゥーヌスやってほしかったなあってことくらいかな。あとアイデンティティあんまり好きじゃないなって改めて思ったのと…

なんか案外覚えてるような気がしてきた…これってネタバレになるんですかね?曲順バラバラだからいいのかな?そんなこともないのかな?なんかもうよく分かんないなネタバレって!これからもネタバレ氏とは微妙に怪しいけど顔と名前くらいは見知ってる同級生くらいのスタンスで付き合っていく所存です。

あと犯人はヤスらしいです。

軽音サークルに入っても別にモテなかったよって言われて思わずガッツポーズした

ようやく暖かくなってきたと思ったらなんか暑い。でも今日大学で薄手のダウン着てる女子見かけた。人類はすごい。

復学を決意してから早二ヶ月が経つ。一年以上も何か特別なことをするでもなく時折短期バイトをこなすだけの日々を過ごした僕にとっては、毎朝起きて大学に向かい講義に出席するだけでも十分に社会的な活動に邁進しているかのような錯覚に陥る。うわぁ。



先日とある再履修のクラスで、学内に数ある軽音サークルの一つに所属する男子学生と知り合った(もちろん後輩)。

一応音楽好きを標榜していながらも大学に入ってから全くその手のサークルに関わりがなかったので興味深く彼のサークル話を聞いてたのだけど、いろいろと衝撃的だった。

一番驚いたのが、思ってた以上にJPOPのコピーが多いこと。彼が属するのがもともとオールジャンルなバンドサークルだからなのだろうけど、ゆず、コブクロ、aiko、大塚愛(懐かしい響き)などなど、「わざわざバンドでやるのか・・・?」といった感じの面子が彼の口から次々と出てきて拍子抜けしてしまった。軽音サークルで多くコピーされるJPOP寄りのバンドといえばいきものがかりとかJUDY AND MARYとか、その辺を想像していた。UVERworldとか(ちなみにこれを書いている時UVERworldの名が何故か全く思い出せなくて「男性 バンド 歌詞がおもしろい」で検索した)。
もちろんバンドアレンジなんて誰のどんな曲でもできるわけだけど、JPOPストレートど真ん中!な曲を聴いてきた人たちがギターやらベースやらドラムやらを手にとってバンドを始めよう!という風になるのが今一つピンとこなくてただただ「ほえ〜」の連発だった。

まあ彼は根っからのJPOPラバーなので、サークル内では他にも色々なバンドがコピーされているのだろうけど、彼の知らないバンドの名前が彼の中で忘れ去られている可能性は高い。っていうか僕との会話でJPOPど真ん中な面子ばかり出てきたのは要するにそういうことなんだろうとは思う。

最近だとボカロ曲のコピーも多いのかと思って聞いてみたものの、彼のサークルではそうでもないらしい。これはかなり意外だった。とは言っても彼とそんなに年が離れているわけではないし、単にボカロ曲が大きな影響力を持つのはもう少し下の世代だということなのかもしれない。

僕の勝手なイメージ、というか、中学高校くらいの頃は初期BUMP OF CHICKENとかELLEGARDENとか藍坊主とか、そういうもっとバンドサウンドが全面に出たバンドがよくコピーされてたような気がするのだけど、ひょっとしたら昔から軽音サークルのコピバン事情ってこんな感じだったのかしら。最近で言うONE OK ROCKみたいなのが多いイメージ持ってた。
うわ、このイメージって当時いわゆる下北系?ロキノン系?ばかり聴いてた僕の視野の狭さが表れてそうで超恥ずかしい。でもそういうバンドたちがいわばギターヒーロー的な存在(超絶技巧という意味ではなく)として当時のキッズのバンドへの憧れを形成してた気がする。余談だが僕にはバンドを組む友達がいなかった。


当の彼は今度そのONE OK ROCKをコピーすることになってしまい落胆していた。曰く、もっとほんわかした曲がやりたいのだとか。

そのうちフジファブリックのCDでも貸してやろう。

サカナクションの曲で打線組んだwwwwww

1(二)ライトダンス
2(三)ネイティブダンサー
3(右)ホーリーダンス
4(左)ルーキー
5(中)シーラカンスと僕
6(遊)もどかしい日々
7(一)ティーンエイジ
8(捕)白波トップウォーター
9(投)Ame(B)


長打はないが小技を絡めて攻める


6thアルバム「sakanaction」がオリコンウィークリー初登場1位とかもうなんなんすかねほんと
まあ強力な競合相手がいなかったとはいえ1stから聴いてる身としてはもう言葉にならない感慨深さ。っていうかもう6枚もアルバム出してんのかよはえーよ

sakanaction、なんだかんだで僕はだいぶ好きです。
ただ楽曲全体としては結構アングラ寄りな要素が濃いし、歌詞も相変わらず一聴しただけではよく分からないような内省的・抽象的なものが多いので、
これがウィークリーで1位を獲得した原動力はやはり「僕と花」「夜の踊り子」「ミュージック」のシングル3曲とそれらに付随するタイアップ・テレビ出演等の力に依るところが大きいんでしょう。
"INORI→ミュージック→夜の踊り子"の流れは思いのほか良かったと思うけどアルバム全体としてはやっぱり「夜の踊り子」が異色すぎて浮いてる印象があるし、「映画」と「mellow」に挟まれた「僕と花」もやっぱり居心地が悪そう。
まあそうは言っても山口一郎がインタビュー等で何度も述べているように「バンドの表と裏を見せる」というコンセプトがあるそうなのである程度そういう音楽性のばらつきが出てくるのも仕方ないのかなと思います(よくよく考えたらアルバムジャケット自体がそもそも表裏の隠喩でした…)。曲順選定に関しては山口本人は関与していないらしく他メンバーの苦慮をM11「僕と花」に垣間見ました。

それはそうと相変わらず「INORI」や「Aoi」に見られる彼らのコーラスワークは否応なしにテンション上がりますね

いろいろ言いましたが今作に収録されているシングルはどれも好きです。少なくとも「アルクアラウンド」や「アイデンティティ」が出た頃の「このバンドはこれからどうなってしまうのだろう…」的な不安感は全くなかったです(まあアルクアラウンドにしてもアイデンティティにしても、リードトラックで「あれ?」ってなる一方でカップリング曲は佳曲が多かったので言う程不安じゃなかったかもしれない)。ミュージックの大サビ入る瞬間とかええやん?

アルバム総体としては統一感が若干欠けていた気がするけれども、
後半の"mellow→ストラクチャー→朝の歌"の流れに比べれば些細なことでした。至高ですねこれ。明け方に聴いたらきっと気持ちいい…
初回盤ボーナストラックの草刈リミックスは悪くないけど「朝の歌」できっちり締めてるので蛇足感があったかな。何度も言ってるようにもともとのアルバム自体ばらつきがあるのにここで更にぶっ込まなくてもよかったのではないかと思います

以前山口一郎がUstreamか何かで話してたことでもあるんだけど、日本でダンスミュージックというとユーロビート的な、音楽自体がアガることでリスナーをアゲていく音楽のイメージが強いと思う。だけど一方でそうじゃない音楽(ダブやらエレクトロニカやら)もたくさんあって、そういう要素を(JPOPアルバムとしては)かなり濃い目に詰め込んだアルバムがチャートで1位を獲るという痛快さみたいなものをリアルタイムで味わっている、という感じですね。とても楽しいです。


sakanaction (初回生産限定盤CD+Blu-ray)

sakanaction (初回生産限定盤CD+Blu-ray)

sakanaction (初回生産限定盤CD+DVD)

sakanaction (初回生産限定盤CD+DVD)




P.S.
Blu-ray版を買ったのにまだ再生環境整ってません!!!のでまだ見てません!!!!

総括的なアレ

 結局Twitterを日常的に利用してる身としては、ウェブ日記やらブログやらそういった類のものは格好よく例えると20kgの大鎧を着込んだ忍者のようなものだし、もっと格好よく例えると超絶技巧を披露するパンクバンドのフロントマンみたいなものなのだ。というわけで今後も消極的にウェブログサービスを利用していく所存であることに変わりはないのだが、まあ手垢のまとわりついた表現ではあるが、要するに140字は短すぎるということだ。(この文章は谷川流氏の作品を参考に字数稼ぎをしました)

前のブログ…?FC2…?知らんな…ウッ頭が

 まあこんな時期に書くのだから2012年の総括的な何かくらいしか話題がないし2012年の総括的な何かを書きます。
なんつーか2012年は早々に身内に不幸があったりいろいろあって休学したりして始まったんで何も生み出すこともできずに過ぎていった感がありま…す……ね…。あと一応復学する予定なんですけど周囲に普通に馴染めるか自信がないしそもそもあと何単位で卒業できるかあまり考えたくないし単位取りつつ就職活動をするとかどんなマルチタスク機能だよ要求スペック高すぎんだろそもそm


やめよう。そんなことより音楽の話をしよう。

今年もなんだかんだでいろいろCDを買ったりアレしたりした気がするけど全部網羅してるわけがないしそもそも金がないしつまるところ面倒くさいので2012年のベストアルバム〜↑↑(ドコドコドコドコ)みたいなことはやりません。そこで僕のLast.fmから「過去12ヶ月」のアーティスト別再生数ランキングを引っ張ってきて貼ります。さっすがLast.fm先輩!ブログネタ収集も楽ちんッス!


  1. この人サカナクション好きですね。
  2. Joy DivisionNew Orderが並んでるのいい感じ。(下にはElectronicも入ってたりする)
  3. Mutemathかっこいいからみんなもっと聴こう。


 4. UKインディは積極的にJonquilを推してく。

 5. Galileo Galileiの2ndいい意味で化けすぎ。あと新譜まだ買ってない。

 6. Two Door Cinema ClubThe Killersも新譜よかったけどまだそんなに聴いてない。
 7. Egyptian Hip Hopのアルバム欲しい。

 8. 他にもGrimesとかThe xxとか聴きたいんだけどまだ買えてない。

ちなみに「過去6ヶ月」の再生数はこんな感じ(投げやり)

七森中☆ごらく部の存在感。

以上レポっす。ツイの裏すんません。

来年もよろしくお願いいたします。


D
ランク外だけど2012年で一番好きなアルバムの一つ。